ダイエットには睡眠も必要

睡眠が足りていないと、日中の眠気や集中力の低下、疲労感が取れないなどの影響があることは体感的にもご存知の方が多いと思いますが、実はダイエットにも深い関係があります。

米シカゴ大学の調査によると、「適切な睡眠時間を確保することにより、脂肪の燃焼を増加させるだけではなく、食欲も抑えられる」という、「寝る子はやせる」と言わんばかりの結果があるのです。

調査対象は、カロリー制限がされている肥満体型の35~49歳の10人。

まずは一晩の睡眠時間を8.5時間にして2週間。
その後の2週間は5.5時間に減らし、体重の変化を調査しました。

その結果、睡眠8.5時間の期間は、たった2週間の間に10人全員が約3kgの減量に成功しました。
ところが、後の5.5時間睡眠の2週間の間に、彼らの半数以上がリバウンドしたということです。

 

▶︎太る原因を個別ダイエット指導

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ